ライフビュッフェ

What's on your plate?

【バレンタイン大作戦!?】職場に義理チョコと愛想をバラまいて、海老で鯛を釣ろう!

f:id:life-buffet:20180128232403p:plain

そろそろバレンタインがやってきますね。

大好きな彼には迷わずチョコレートをプレゼントしても、職場の人にはチョコをあげるか、どこまでの人へあげるか、悩んでる方も多いのではないでしょうか?

今回は若かりし頃(25歳前後)の私が職場で実施していた、「バレンタイン大作戦」についてご紹介します。

ひとことで言うと、お金を掛けずに職場の人に喜んでもらい、自分も得しちゃおう♡という、ちゃっかり作戦です(笑)。半分マジメで、半分冗談みたいな内容ですので、参考になるかは分かりませんが、軽い気持ちで読み進めて下さいね。

 

バレンタイン大作戦とは、何か?

新卒1~2年目の頃のバレンタイン前日、私は同じ部署の同期の女の子と、次のような」会話をしていました。

 

 

もうすぐ、バレンタインだよね。どうする?

 
 

どうしようね。でも、みんなチョコあげたら絶対喜んでくれるよね!

 
 

うん、絶対喜ぶ!だって若い女の子、うちらしかいないし(笑)。

 
 

だよね。それに、ホワイトデーのお返しとか、ちゃんとくれそう♩

 
 

うん、絶対美味しいの貰える(笑)!よし、みんなに何か配ろう!!

 

とはいえ、当時の私たちは、時間はあるけど、とにかくお金が無かった(笑)。お金が無いから知恵を絞り、お金をかけずに ホワイトデーのお返しをたくさんゲットする 日頃の感謝の気持ちを伝える「バレンタイン大作戦」を実施することにしたのでした。

ちなみに、当時の職場は全部で約30名。そのうち女性は私たちを含め6名。残りの24人は全員男性で、ほとんどが40代以上のおじ・・・男性でした。

 

バレンタイン大作戦の実行方法

用意するもの

①リスカのチョコ棒

せっかくのバレンタインなのでチョコレートはプレゼントしたい!でもチョコって高いんですよね・・・さすがに30人分は用意できない。

そこで救世主となるのが「リスカの徳用チョコ棒」。なんと30本入りで300円!!これなら1人1本ずつ配ることができます。それに普通のチョコより嵩がある(サイズが大きい)、素晴らしい商品です。

②可愛いふせん

チョコ棒だけでは物足りないので、ちょっとしたコメントが書き込める付箋を用意しましょう。こんな感じの、シンプルだけど可愛らしい、老若男女のウケが良さそうなものが良いですね。↓

ここに下記のようなメッセージを添えましょう。

「◯◯さん、いつも(〜してくれて)ありがとうございます。ほんの気持ちですが、ハッピーバレンタイン!!ホワイトデーのお返し、期待しています♡」

 

ポイントは、短いけど個別のメッセージを添えることと、ちゃんと「ホワイトデー」について言及すること(笑)!!

これを書くことで男性側も、ホワイトデーにお返ししやすくなります。返すべきか迷う手間を省いてあげられるわけです。よっぽどバタバタしていない限り、「しょうがないな〜」と言いながら、きっと用意してくれますよ。

・・・いや、メインはあくまで個別メッセージで感謝を伝えること(笑)!やはり、このようなメッセージは、誰もがもらって嬉しいものです。

 

当日:お昼休みに、全員の机に配る

当日、「ハッピーバレンタイン!」と明るく笑顔で、メッセージ付箋を貼り付けたチョコ棒を配りましょう。ポイントは、その部署や職場のメンバー、全員に配ること。

ちなみに、必ず女性にも配りましょう。注意点としては、女性へのメッセージには、「ホワイトデー」のことは書かないこと(笑)。女性の方が、こういう小さなプレゼントって、喜んでくれたり覚えていてくれることが多く、印象UPに直結します。

こんなことを言うのはなんですが、仕事を円滑に進めるためにも女性の事務員さんとかには、好かれるに越したことは無いので、社内営業のため  日頃の感謝を伝えるようにしましょう。

 
 

↑ 言葉にすると嫌な感じだけど、とっても大事だよ

 

 

実行結果(海老で鯛は釣れたのか!?)

ということで、こちらが当時、実際に頂いたホワイトデーのお返しです♡

f:id:life-buffet:20180128235621p:plain

写真が不鮮明なのでよく分かりませんが、けっこう高級なブランドのチョコレートやクッキーも頂いたように記憶しています。まさに「海老で鯛を釣る」・・・ならぬ、「チョコ棒でゴディバを釣る」!?

 

実際やってみてわかった、職場で義理チョコを配るメリット

職場がハッピーな雰囲気になる♡

なんだかんだ、みんな喜んでくれます。本当に喜んでいるのか、私たちのために喜んで「くれて」いるのかは、微妙なところではありますが(笑)。

いずれにせよ、何もしないよりは、職場がハッピーな雰囲気で包まれます♩まさにハッピーバレンタイン♩それに、小さなイベントも楽しめないような職場じゃ、つまらないじゃないですか。

 

社内営業♡

まぁ、チョコ棒ひとつで、全てが円滑に行くとまでは言いませんが(笑)、何もやらないより、こういうことをやっておく方が格段に可愛がられます。少なくとも、可愛がられるキャラクターが次第に成立していきます。

こんなことを言うと本当に嫌な奴ですが(笑)、自分の仕事を円滑に回すめにも、多少なりとも社内営業は必要です。そう、あくまで仕事のためなのです!!←嘘

 

ホワイトデーのお返しが豪華♡

まず、女性2人が男性24人にチョコを配るのと、男性24人が女性2人にお返しを渡すのでは、かけられる予算が違いますよね?というか、チョコ棒がLOOKになっただけでも、投資効果は倍以上

ホワイトデーの日は、朝出社すると机の上にどーんとお返しが置いてあることも、しばしば。そうすると、忘れてた人もお昼休みにコンビニで買ってきて渡してくれたりします(笑)。

 

バレンタイン大作戦を行う際の注意点

バレンタイン大作戦を行う場合、次の条件をある程度、満たしていることを確認しましょう。

  • 職場の男女比は、男性が半数以上
  • 職場の人を年齢順に3分割したとき、1番若いグループに入っていること
  • 職場の平均年齢が40歳以上であること(若いと「あざす」で終わる)
  • バレンタイン大作戦を行っても、笑ってもらえる「キャラ」であること

年齢のことを書いたのは、ケチとは思われないため。後輩がいない環境が望ましいです。

そして特に、一番最後が重要。普段からマジメで大人しいタイプの人が、チョコ棒配りだしたら、相手もマジメに「ありがとう」しか返せなかったりします。

あとは職場の雰囲気でしょうか。私が新卒で働いた会社は、男性が8割以上(しかも半数が40代以上)の日系メーカーでした。そもそも女性が少ないから可愛がってもらえる環境というのもありました。

 
 

バレンタイン大作戦を、双方が楽しめる環境であることが一番大切!ピンときた方は、ぜひ実行してみてね。

 

 

 

まとめ:イベントごとは楽しんだもんがち!

バレンタインだろうが、ホワイトデーだろうが、一番大切なのは自分たちが楽しめるかどうか!楽しめないのであれば、チョコレートなんて配る必要は無いし、お返しも用意する必要はありません。

まぁ、でもせっかくなら、これくらいの軽い気持ちで、職場を明るくしてみたら?という提案でした(笑)。これ読んで不快に思う方もいるかもしれませんが、これくらいの軽いノリで職場の関係性を作っていくくらいの方が、楽だったりしますよ。

 

ということで私も、バレンタインデーのプレゼントお待ちしております♡

f:id:life-buffet:20180131000608p:plain