ライフビュッフェ

What's on your plate?

仁義なき戦い 〜玄関開けたら蜘蛛の巣篇〜

f:id:life-buffet:20170926011858p:plain

昨日は朝から大仕事でした。そこには仁も義も徳もありません。あるのは戦のみです。勇気のある方のみ、読み進めて下さい。(いや、みんな読んでね。)

第一章:遭遇

彼との出会いは突然やって来ました。

私がいつものように目覚め、朝食にグラノーラを食べ(ダイエット中だからヨーグルトとコンブチャ*をかけて食べたんだ、えへ♡)、今日は朝からクライアントとの打合せだからいつもよりきちんとメイクした、そんな普通の朝。

*コンブチャが気になって先を読み進められない!って方はこちら↓ 

 

よし、準備万端!いってきまーす♪

玄関のドアを開けようとした、その時でした。  

f:id:life-buffet:20170926011703p:plain

でっかめの蜘蛛いるーーーーー!!!!!

しかもそこそこ立派な巣張ってるーーー!!朝っぱらに遭遇したくないレベル99。ってかまだドア4分の1も開けてないんだけど!?ってか距離ちかーーーい!!ぐおおおおおお!!!!

はい、もう一瞬にしてパニックです。とりあえずドア閉めて冷静になる。

えっと・・・蜘蛛いたよね?どうするどうするどうするどうする?頭を朝からフル回転させます。

作戦① 強行突破

もう一度ドアを開け、蜘蛛との距離を確認。その差約30~40cm。下は空いているのでしゃがんでくぐれば何とかいけるか。カバンが蜘蛛の巣に引っ掛かって・・・という最悪の状態も想像しながら、ドアを最大限開けてみる。

と・・・蜘蛛が動いたーーーー!!!ぎゃーーーー!!!しかもこっち側に近づいたーーー!!!はい、もう無理ー。強行突破無理ー。

作戦② 大家さんが除去してくれるまで自宅待機

何もない日なら、マジでこの選択肢でした。会社の人に「蜘蛛がいるから大家さんが除去してからオフィス行きます!」って連絡して、大家さんに電話する。でも今日に限って、お客さんとこ直行しなきゃいけないんだよーーー!!!

作戦③ 退治

もうこうなったら仕方がない。最終手段である。

第二章:出陣

仕方なく蜘蛛に挑むことになった私。こちらにも武器が必要だ。確かゴキブリ駆除のスプレーがどこかにあったはず!!ごそごそリビングの棚を探す。

あったー!!

   f:id:life-buffet:20170926025649j:plain

そうそう、去年タコパやったときに余ったやつだ・・・って、ちがーーーう!!ガスボンベじゃなーーい!!というか、今はノリツッコミとかしてる場合ではないのである。

ゴキブリスプレーが無いみたいなので、仕方ない、他に代用できそうなスプレー・・・。

 f:id:life-buffet:20170926030613j:plain

・・・んー弱くね?蚊除けのスプレーって、惜しいけどちょっと弱いよね?だって、相手は蜘蛛だよ?そこそこ大きかったよ?

ってことで、今度はお風呂場を物色。そしたら見つけました!救世主カビキラー!

f:id:life-buffet:20170926011845j:plain

これならいけるんじゃない?ってことで、蜘蛛に目掛けてシュッとひと吹き。

 私 「くらえっ!」

 蜘蛛「うぉぉ、なんじゃこれは!?」

なんと蜘蛛に命中!!!命中した瞬間、千鳥足になって後ずさりする蜘蛛。

おぉぉ、明らかに弱っている!!

その後も足をバタバタさせながら宙に浮かぶ蜘蛛。後ずさりしてくれたお陰で、玄関と蜘蛛との距離が少しひらく。蜘蛛もさすがにもう動けないだろうし、これなら何とか通り抜けられる!! 

第三章:出勤

カビキラーの泡を全身に浴び弱っている蜘蛛にまだビビりながらも、なんとか家を出る。

ふー。切り抜けた…。ホッと一息して、大家さんに電話。蜘蛛の巣ごと除去しておいてもらえるよう依頼。あのままでは、今度は家に入れない。

 

電車の中でふと思う。

そういえば、カビキラーってカビも殺しちゃうんだもんね。人間にでさえ「皮膚に触れたらすぐ洗え」とか、「目に入ったら失明の恐れがある」って書いてるくらいだもんね。蜘蛛が全身浴びたらそりゃ大変だよね・・・。

ごめんね、蜘蛛。

そういえば朝の蜘蛛って縁起がいいんだよね。思いっきり殺しちゃったけど大丈夫かな。よくよく考えれば、「朝、玄関に蜘蛛の巣が張っている」ってめちゃくちゃ縁起良くね?福を招く、もしくは魔除け的な。

でもカビキラー思いっきりぶっかけちゃった。蜘蛛よ、許しておくれ、不可抗力だ。

そんなことを考えながら、客先へと向かったのであった。

第四章:帰宅

帰宅途中、私には寄るところがあった。あるブツを手に入れるためだ。道すがらのコンビニでブツを手に入れ、帰宅。

大家さんが後処理をしてくれたらしく、玄関前からは蜘蛛も蜘蛛の巣もきれいに無くなっていた。これで一安心…でも…。

先ほどのブツを取り出す私。そして、

シューーーーーッ!!! 

例のブツ、そう、防虫スプレーを玄関周辺とドアの周りにシューーーッ!ついでにゴキジェットもシューーーッ!もうこれ以上は近寄らせまい。私は武器を手に入れたのだった。

f:id:life-buffet:20170926225158j:image

夜な夜なマンションの玄関にスプレーを巻く女。

遭遇したくないレベル100。