ライフビュッフェ

What's on your plate?

ふるさと納税で、実家の母へプレゼント♪【楽天で簡単に別住所へ送れたよ】

f:id:life-buffet:20171022200952p:plain

今年のふるさと納税の申込期間もあと少しですね(ふるさと納税申込期間;その年の1月1日〜12月31日)。私はまだ半分くらいしか申し込んでおらず、残りの返礼品を迷い中。

そんな折、実家に帰るタイミングがあったので、こちらの住所にも送って母へのプレゼントにすることにしました。納税者の住所と異なっても良いのかな?と疑問でしたが、案外簡単にできたので、ご紹介したいと思います。 

返礼品選定のエピソード   

久々に実家に帰ったときの出来事。とはいえ、私の実家は都内なので1時間程度ですぐ帰れます(笑)。

 
 

お母さん、ふるさと納税って知ってる?

 
 

あ〜、なんか知ってるよ。( ※母は年金受給者)

 
 

今年の納税額がまだ余っているから、こっちに送ろうと思うんだけど、何か欲しいものとか食べたいものある?

 
 

え〜いいよ〜。あなたがもらいなさいよ。

 

なんて良い母親なんだ。自分のことより娘を心配してくれるなんて・・・と思っていると、母はある日の出来事を話し始める。

 
 

そうえいえばこの間ね、急に右目が赤くなっちゃったの。朝は大丈夫だったのに、昼に友達と会ったら目が赤いって言われたわけ。

 
 

あら、大丈夫だったの?

 
 

それでね、病院行ったら結膜炎とかではなくて、毛細血管が切れちゃったんだって。で、血管を強くするにはビタミンEが良いらしいのね。

 
 

ふむふむ。

 
 

だから帰りに本屋さんに行って、ビタミンEが豊富な食材を調べたら「ほうれん草」「モロヘイヤ」「うなぎ」とかなんだって。

 
 

ほうほう。

 
 

でもね、夏の間毎日、ほうれん草のおひたしとかモロヘイヤは食べていたわけ。おかしいでしょう!?まあ、確かにうなぎは食べてはいないんだけど。

 

え〜っと、これはつまり・・・遠回しに「うなぎ送ってくれ」って言ってるよね!? そういえば去年、ふるさと納税で冷凍うなぎを2尾もらって、母にその話をしたことがあったなぁ・・・(笑)。安物のうなぎと違ってふっくらしてて、何よりサイズが大きくて美味しいのよね。

ということで、母親のちゃっかり発言により、ふるさと納税で「うなぎ」を送ることが決定したのでした。

 

楽天ふるさと納税で、納税者と別の住所に返礼品を送る方法

ポイントがもらえるので、私はいつも楽天でふるさと納税しています。ということで、今回は楽天の場合のステップをご紹介。

  1. 楽天・ふるさと納税のページ にアクセス。
  2. お礼の品を選ぶ。
  3. カートに入れて、ご購入手続きへ。
  4. 送付先の住所に、贈りたい相手の名前の住所を入れる。
  5. 注文者情報に、自分(納税者)の情報を入れる。
  6. 注文を確定する。

f:id:life-buffet:20171022213010j:image

以上です。

楽天・ふるさと納税では、注文者情報が「納税者情報」として自動的に登録されるので、ここの情報が正しいことを必ず確認しましょう!あとはいつものショッピングと同じ手続きです。

ちなみに楽天だと、ふるさと納税でもポイントもらえちゃうのでお得感ありますよね(笑)。

 

※少し調べてみたら「さとふる」でも、購入手続き時に別の配送先を登録できるみたい。ふるさと納税を別住所に送るのって、きっとよくあるのね。

f:id:life-buffet:20171022222432p:plain

 

おまけ:今回選んだ返礼品(うなぎ)

ちなみに今回、母へ贈る返礼品として選んだのはこちら。

  • 「うなぎといえば大隅産よね♡」という母の発言。
  • 母は一人暮し&小食なので、特大うなぎ2尾より小さめ3尾の方が丁度良い。
  • 冷凍保存で届く(長持ちする)。

以上により、こちらの「うなぎ蒲焼」がセレクトされました。口コミもなかなか良いから、同じようなシチュエーションの方は、ぜひ検討してみて下さい。