ライフビュッフェ

What's on your plate?

【転職にも日常にも人生にも効く】やりたいことを見つける方法 | おすすめツール4選

f:id:life-buffet:20171104011921p:plain

そもそも自分って何したいんだろう?

新しいことを始めたいとき、転職活動中、恋人にフラれたとき、日常のふとしたとき・・・、そんなことを考える人も多いはずです。世の中には、夢を叶える方法についての記事や本は沢山あるのですが、そもそも「やりたいことを見つける方法」については意外と情報がありません。

そこで私がこれまでに試してみた、自分が本当にやりたいこと見つけるためのおすすめツールをご紹介します。

 

そもそも、明確な「夢」は無くても良い

「あなたは将来、この会社で何をやりたいですか?実現したいですか?」

就職面接でよくある質問。適当にそれっぽい回答を用意したりしますが、本当にまじめに考えだすと全く答えに辿り着けなかったりします。

まず前提として、明確な「夢」を必ずしも持ってなくても良いと私は思っています。起業したいとか、◯◯を開発するとか、渡米するとか、明確な夢を持っている人はほんの一握りで、大半は「将来これを実現するんだ!」というものを持っていない場合がほとんどだと思います。

それでも、人に言えるような立派な「夢」でなくとも、いつかはやってみたいこととか、自分はこういう人でありたいとか、こんな場所に住みたいとか・・・ささやかでわがままな「やりたいこと」「ほしいもの」「ありたい姿」はあると思うのです。

前述の問いに「特にありません。でも◯◯な状態で仕事をしていたいです。」と答えることだって、十分素晴らしいはずです。

 

やりたいことを見つけるおすすめツール

1. バケットリスト(人生でやりたい100のこと)

ロバートハリスの著書「人生100のリスト」、映画「最高の人生の見つけ方」のバケットリストなんかが有名ですが、とにかく人生死ぬまでにやりたいこと、ほしいもの、なりたいものを100個リストアップしようというものです。

リストを作っているうちに、自分のことが見えてきたり、ワクワクしてきたり。ちなみに私も100のリスト、作ってみました。作りながら、自分ってどういうことが好きで、何を大切にしているのかが分かってくるので、とりあえず作ってみるのはオススメですよ。参考になるか分からないけど、参考にしてみてね。

 

2. 夢をかなえる人の手帳術

ゆめかな手帳。こちらは、日々なんとなく過ごしてしまう時間に向き合い、自分が大切にしていることなどをワーク形式で見つめ直すことができます。大それた夢ではないけど、日々の暮らしをワンランク素敵なものにしたい、という方におすすめ。スキマ時間の活用 にも効果的です。

 

ちなみに、「夢をかなえる人の手帳術」を実践するための手帳も販売されています。デザインもシンプルで可愛いので、普段使いの手帳としてもおすすめです。バーチカルタイプなので、仕事の予定を書き込むのにも使いやすいですよ。

 

3. 人生を絶対に後悔しない「やりたいこと」が見つかる3つの習慣

自分の欲求に従って、やりたいことを「発見」する。 多忙な日々の中でも、やりたいことを「行動」に移す。 それが本当にやりたいことかどうかは、「直感」に従う。 このサイクルを回すことで、誰でも必ず「やりたいこと」が見つかります。(本の紹介より)

やりたいことを「発見」「行動」「実現」するための具体的なワークと方法が載っています。まさに自分を見つめ直しやりたいことを見つけるには最適です。ただ、かなりワークのボリュームがあるので全てやるのは難しいかも。自分にとって、重要なところだけピックアップしながら、見える化していくのが良いと思います。

4. 各種適正診断

こちらは「やりたいことを見つける」というより、自分の性格や傾向を知るための診断ツールです。適職診断なんかにも用いられるので一応紹介しておきます。どちらかというと、自分はどんな状況で力を発揮できるのか、どんなことを幸せと感じる傾向があるのか、なんかを知ることができます。

各診断の詳細については別記事で紹介しようと思うので、ここではリンクのみ。 

素質論(良いリンクが無かったので動物占いのページを貼っておきます)

ユングの16類型性格

適職診断 VCAP

 

まとめ

ここに紹介したツールはほんの一部だと思います。自分に合ったやり方で、自分を見つめ直し、やりたいことを見つけ出して下さい。他にオススメがあれば、ぜひ教えて下さいね。 

転職活動とかしているとだんだん、合格することに目が行きがちで、本当に自分が大切にしていることを見失いそうになることもあります。そんな時、ふと立ち止まって自分の書き留めたものを見直すだけで、本来自分が転職でどうなりたいかを、改めて再確認ができます。

転職以外でも、自分の指針が分かっていると普段の生活をより良いものにできるので、時間がある時ぜひ皆さん、上のツールを試してみてください。